未分類

HelloTalkを使ってる日本人があなたと連絡をとらなくなる3つの理由

woman in brown robe holding umbrella walking on concrete pathway

突然ですが私はハロートークの熱烈な信奉者です。このアプリのおかげで日本にいながらたくさんの人とスペイン語で話すことができて面白い経験もできました。課金だってしてるんです貢献してるんだぁああ

ハロートークについてはこのブログを見ると良いでしょう

しかし、多くの外国人ユーザーは日本人と話していると「会話が突然続かなくなって辛いよ!」と思うそうで、日本人に不信感を抱き始める例もちらほら…。そんなわけで今回は日本人のユーザーの特徴的な行動を分析しつつ、なぜ日本人が突然連絡を取らなくなるかについて考察していきましょう!

ナンパできないとわかったから

photography of couple holding hands
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

はじめから酷い話をしているなと我ながら思うのですが、このアプリ「やばい奴ら」もまぁまぁいるようでして、突然わいせつな写真を送りつけるとかが多いらしんですね(特に女性ユーザーに被害者多し)。

しかも日本語でハロートークと調べると、どんな検索結果が出るかお教えしますと、

「ハロートークでかっこいい白人彼氏ができた理由」

「ハロートークで可愛い外国人女を口説く方法」

・・・ということで語学学習アプリのはずが言語Tinderと化していることがわかります。でも正直私の中では自然に関係が始まって付き合うなら全然いいと思います。でも変態になっちゃだめですよね。ただでさえ「HENTAI」は世界で通用する数少ない日本語になってるわけですし、これ以上生き恥を晒すと国外に出た同胞が苦労しますよ。(初めてのシェアハウスで同居人から言われたのは「Oh Hentai!」)

 しかし、こういう人たちはほぼ勉強する気はないのでほっといても良いかもしれません。連絡してこなかったらラッキーだと思って次にいきましょう。

あなたがタブーに触れたから

greyscale photography of woman wearing long sleeved top
Photo by Kat Jayne on Pexels.com

 日本人は集団の調和を守る文化の人々なのであなたがもし論議を呼びそうなことに関して発言をすると日本人はテーマを変えるか、酷いと話すことをやめます。もう遺伝子レベルで恐怖を感じるように教育されているので、海外に住んでショック療法をするくらいしないと修正は厳しいでしょう。

 そんなわけで通常、政治・宗教の関しては全く発言しませんし、動物の権利などというテーマでも話しません。「あなたはどう思う?」とか聞いたらもうパニックです。つまりもし(あたなが外国人なら)普通の日本人と話すことは表面的でよくある会話をアプリの中ですることになります。

 もし本音をどうしても本音が聞きたいなら、仕方ないので魔法の自白剤についてお教えします。

アルコールです。

alcohol bottles celebration color
Photo by Pixabay on Pexels.com

 日本人は飲めば気が大きくなっていろいろ答えてくれます。だからどうにかバーか居酒屋に連れ出すようにしてください。今なら遠隔飲み会でも良いかもしれませんね。

*私は議論を呼ぶのが好きな人間なので日本社会における生粋のトラブルメーカーです、このブログもわりとぶっこんでるからなぁ…🥺🥺

 さて、ここまでで日本人は議論を好まない生き物だと言うことがわかってもらえました。しかし、日本人だって生き物です。ストレスは溜まりますし文句もでます。するとどういうことが起きるでしょうか。不満は貯まるのに話し合いを避ける文化なので、「空気を読まない」と噴火されてTHE ENDです。というわけで次の項目。

日本的噴火ポイントに達した

erupting lava during daytime
Photo by Pixabay on Pexels.com

 やってしまいましたね!我慢を美徳にする日本人の性格のために彼らがあなたの発言や行動にストレスを貯めていると知らずに、破局的ポイントまであなたは怒りのスタンプラリーを進めてしまいました。

もうこうなったら日本人は噴火します。

この状況に陥ると山の形が噴火したら元に戻らないように、あなたと日本人の関係も終わりです。その日本人は突如怒りだししっちゃかめっちゃかに捲し立ててあなたをブロックするか、何も言わずに去るでしょう。こうなったら避難しましょう。この段階まで冷却化をできなかったのですから仕方ありません。

さてこの3つを学ぶと日本人は感情を表に出さず、さらに議論を避けるので、異文化の人間と理解し合うためのきっかけを得られないまま③に至ることが多いということが分かると思います。若干日本人からみても理不尽だとは思いますが・・・

私もこうみえて非常にいろいろ気になってしまう性格で、社会的なタブーを日本人でいるにも関わらず質問し続けてきた結果、何度か歴史的大噴火をこの目で見てきましたので皆様の気持ちもよくわかります。理解したいから質問しているのに議論にもならないので日本文化が分からず不信感が募るんですよね。

ということで今回は特別に日本人が豹変するタイミングを読める様になる方法を伝授します。

①何度も地雷を踏む 

地雷があるかどうかわからないなら踏んでしまえば良いんです。爆発したら地雷があったってことですし、爆発しなければなかったってことです。これまで私も人間関係爆発処理班として何度も爆発を繰り返してきました。おかげで鋼のメンタルになったので今では爆発にそれで程の恐怖は感じません。

えっ?そんなタフな方法でこの問題をクリアしたくない?そうですよね。では少し手間はかかりますが安全な方法をお教えします。

②日本人の文化を言葉で説明してくれる人がいる場所に留学する

比較的日本の若者は議論を好みます。特に論理的思考能力が求められる高いレベルの大学には異文化に興味があり、なおかつ日本文化に関しても説明をしたいと思っている若者が多いです。そういった学校に行きトレーニングを積むことをお勧めします。

学歴差別だと思われた方に事実いわゆる有名大学とそうでない大学の両方を通った外国人の友人の話をお教えしますが、後者だと露骨に「あぁ!!白人がいるぞ!!」扱いだったようです。悲しいかなこういうことが起こるのでなるべく良い大学に行くことをおすすめします。

旅行ではなく、真剣に向き合うと日本人というのは理解をするのが少し難しい生き物だというのがわかると思います。特に非常に臆病な部分があるので、最初はとても警戒されるかも知れせん。しかし一度仲間と認識されれば優しいところもあるので仲良くなるまで地道に頑張ってほしいと思います。では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です