未分類

日本があなたを失望させるであろう3つの理由

people near buildings during nighttime with lights

 日本っていい国ですよね。とても安全で誰も銃で撃たれない、レストランはおいしくて安い、そして温泉や雪など豊かな自然もある、日本に住んでみたいと思っている外国人の人も多いでしょう。

 しかし、待ってください。日本人として忠告しますがアジア人以外の外国人にとって日本に長く住むことはわざわざハードモードでゲームをプレイするのと同じです。もしあなたが日本に行くことで人生イージーモードだと思っているならそれは大きな間違いですし、日本に来てから地獄を見ます。

 そのため皆さんが持ちがちな3つの誤解について今日はご紹介します。

①日本は経済的に発展している国だから、自分の国よりも仕事があ

happy ethnic woman sitting at table with laptop
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

 これは事実です。日本には汚職で問題になっているいくつかの国と比べれば多くの仕事が存在します。(もちろん、様々な問題が日本にもありますが)

しかし多くの仕事は日本人のための仕事であり、外国人のための仕事ではありません。

 例えばあなたが仮に突然仕事を求めて日本に来たとしても、自動車の部品を日本語で販売することのできる能力はありません。つまりあなたが選択することができる仕事はこの国において非常に少ないのです。

 もし、あなたが韓国人や中国人であれば話は少し違います。彼らはこの国において長い間生活しており、独自のネットワークを持っています。しかも在日中国人の人数を考慮すれば中国人向けにビジネスすることもできるでしょう。でも仮にあなたがアメリカ人やヨーロッパ人だとしたら、あなたを待っているのはUber Eatsか英語の教師です。

 また日本人の一般的労働者は世界と比べてターミネーターのようなワーキングロボットです。長時間労働に耐え、文句も言わず毎日二時間かけて遠隔地から通勤してきます。そのため日本の企業はあなた方に同じような働き方を求めてきますが覚悟はできていますか?

ちなみに私は12歳から毎日12時間勉強を強いられてきましたので長時間労働には慣れています。我々はスパルタ人みたいなもんなんです。

これがスパルタなんです。

しかもこの国は最盛期を超えて30年間衰退し続けています。この国に長期間住むメリットは全くありません。ベトナムのほうがまだポテンシャルが高いと思います。

②日本語学科に行ったら日本で働けるかもしれない

 日本語学科で勉強すれば将来日本で生活することができると思っていますか?もしあなたの夢が日本で暮らすことだとすれば日本語学科に行くことはあなたを夢からより遠ざけることになります。

外国で生きたいなら、もっと特殊な技術を学びましょう。

woman using a computer
Photo by cottonbro on Pexels.com

 これは日本の社会が求めている外国人労働者の性質について考えれば理解できることです。まずこの国は歴史が古く、すでにそれなりにいい教育を受けた日本人がわんさかいますそのため誰でもいいから来てほしいという移民国家ではありません。

(たとえ、人口が急速に減ってたとしたってね)

 そのため仮にあなたが日本語学科で真面目に日本語を学んだとしても、会社にとってあなたを雇うメリットはあまりありません。なぜならほとんどの日本人は外国人よりも上手な日本語を話すからです。

 私の主張は日本語を勉強する必要なんてない。ということではありません。逆にもっと厳しい話で、「日本語はできて当たり前」なのです。日本は外国人を雇う条件が厳しすぎると思いますか?おっしゃる通りですが日本国内の仕事は日本人のためのサービスが多いのです。だから英語では仕事ができないんですね。これはこの閉鎖的な国は仕方がないことです。

 もし会社があなたを雇う必要があるとすれば、外国人を雇わなければいけない特別な理由がある場合のみです。そしてこの特別な理由には2種類あり、「だれもできない仕事」か「だれもやりたくない仕事」の二つに分かれます。

 例えばRuby on Railsの知識がある日本語能力検定3級の資格保持者と、なんの社会人経験もない日本語検定1級の人間だと100%前者の方が職を得やすいです。プログラマーは現在世界的に人材不足なので政府もあなたにすぐVISAを発給してくれます。

 仮にあなたに特殊な技能がない場合、後者の「だれもやりたくない仕事コース」を選ぶことになりますが、これもしっかりとVISAを申請しなければ働くことはできません。観光ビザで日本に来て仕事を探そうというわけにはいかないのです。

 しかも、知ってますか?この後者の仕事はまさに生き地獄です。悪名高い技能実習制度を使って日本で働き始めた外国人が8年間で174人死んでいます(内、溺死25件、自殺12件、凍死1件などなど。。。)

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-12-08/2018120802_04_1.html

ソースは新聞「赤旗」の掲載記事。

 つまり後者の選択肢を選ぶということはあなたは奴隷の契約書にサインしたものと同じです。死ぬくらいつらい仕事をすることになる可能性もあるということを覚えておいてください。(もちろんラッキーでいい仕事もあるかもね)

③日本人はみんな「カワイイ文化」や「アニメ文化」が大好き

日本のアニメやカワイイ文化や(時には変態文化)は非常に有名ですが、それは日本のメインストリームを行く文化では決してありません。むしろピエロだと思われています。そのため、もしあなたがまるで19世紀のメイドのような恰好をして歩いていれば、奇妙な視線が突き刺さるのはここでも同じです(もちろん、それはあなたの自由です。なにも否定はしません。私は今現状の事実を淡々と伝えています。)

また過度なオタク、例えば給料のほぼすべてをアニメグッズに使ってしまうとかそういう人も白い目で見られています。なので日本に行けば「メイドが大好きなんです!」と公言しても引かれないと思わないほうがいいです。おそらく引かれます。

彼はこの国に住まう少数民族です。

 日本人がみんなアニメが好きで、メイドが好き、そして絶対に変態だと思うのは、アメリカ人がみんなトランプ支持者だと思ったり、ドイツ人がみんなナチスだと思ったり、はたまたコロンビア人が全員パブロエスコバルだと思うことと同じです。実態にそぐわないイメージでしかないのです。

 現在日本は外国人の皆様に大きな誤解をされています。そのためその誤解を解き真実の日本を見てもらいたいと思いこの記事を書きました。正直言って日本に外国人が住むことは経済的、そして文化的に簡単ではありません。

 ですのであなたがもし日本で生きていく覚悟がないのであれば、例えばワーキングホリデーや旅行で来ることをお勧めします。その場合では日本はきれいでレストランもおいしい「最高の国」だということを確信をもっておすすめできますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です