生活

日本の会社はあなたの学んだことによって採用はしません

日本人にほんじん大学生だいがくせい勉強べんきょうをしません。毎日まいにち30ぷんしか勉強していないこと、そしてかれらはなにをしているかについて先日せんじつ記事きじつくりました。

そのため、今日きょうはどうやって日本人にほんじん仕事しごとつけるのかについて説明せつめいします。日本の雇用制度こようせいどについてることができればあなたも日本ではたらくこと簡単かんたんになるとおもいます。

まず、ヨーロッパやアメリカの会社かいしゃはどんな学生がくせいやといたいでしょうか?

それはすぐに仕事ではたらくことができる知識ちしき能力のうりょくがある学生がくせいです。そのためヨーロッパやアメリカの学生は法律ほうりつやビジネスを大学だいがくでたくさん勉強します。大学で勉強したことと仕事の内容ないようはとてもつよ関係かんけいがあります。しかし、日本社会にほんしゃかいでは雇用制度こようせいどまったちがいます。

日本の会社は大学3年生ねんせい面接めんせつします。その時学生が学んだことはあまり重要じゅうようではありません。重要なことは学生の従順じゅうじゅんさと、どの大学で学んだかについてです。このような観点かんてんで学生を採用さいようする理由りゆうがあります。なぜなら会社は学生を教育きょういくして、会社の文化ぶんかおしえたいと考えているからです。この時会社は自分の意思いしが強いヨーロッパ人のような学生を採用さいようしたくありません。

この採用方法さいようほうほうは会社に3つのメリットがあります。

  1. 企業きぎょうは会社のイデオロギーを社会を知らない学生に教えることができます。そして学生はほかの企業について知らないので、文句もんくをあまり言いません。それは企業にとってとても状態じょうたいです。
  2. 企業は様々さまざまな仕事を学生にさせることができます。日本の会社はあなたに仕事の内容ないようおしえません。会社があなたにちが種類しゅるいの仕事を命令めいれいしてもあなたはしたがわなければならないです。学生はまだ何の仕事をすべきかわからないので、この命令めいれいしたがいやすい傾向けいこうがあります。
  3. 会社は学生に働く方法ほうほう技術ぎじゅつを教えます。そのため学生は感謝かんしゃ気持きもちを会社に持つ可能性かのうせいがあります。だからもし会社は世界的せかいてき比較的ひかくてきやす賃金ちんぎんはらったとしても、学生は我慢がまんする傾向けいこうがあります。

つまり、企業はめいじられた仕事をなんでもして、賃金ちんぎんやすく、あたまがいい学生をしいと思っています。それは「さむらい」のようです。この時、いい侍かわるい侍か区別くべつするための基準きじゅんが必要です。これはなんでしょうか?

それはむずかしい入学試験にゅうがくしけん有名ゆうめい大学だいがくはいることです。

難しい試験を持つ大学に合格ごうかくした学生は企業にとって2つのおおきな魅力みりょくがあります。一つ目ひとつめは合格した学生は何十時間なんじゅうじかん努力どりょくできることを証明しょうめいします。東京大学とうきょうだいがく入学にゅうがくできる学生は平均的へいきんてきに10歳から毎日勉強します。これは会社に入った後も何十時間も働ける予測よそくを企業にあたえます。

二つ目ふたつめ大量たいりょう情報じょうほう暗記あんきすることができる能力のうりょくを学生は企業に証明することができます。入学試験のために学生は大量の情報を暗記します。企業が新しい社員に教育する時、新しい社員が多くのことを簡単に覚えることができれば、教えることも簡単です。

このふたつの理由りゆうのために、いい大学を卒業した学生を採用さいようすることは論理的ろんりてきただしいのです。

この社会のシステムは世界と比較ひかくした時とても特殊とくしゅです。そのためヨーロッパ人やアメリカ人は簡単かんたん理解りかいできません。理解しても納得なっとくできないです。なぜならこれは彼らが大事だいじにしている個人主義こじんしゅぎかんがかたことなるからです。

日本で働きたい時はこのシステムを理解りかいしてください。このシステムがきらいな場合日本でたのしくはたらことむずかしいとおもいます。よく考えて日本で生活すべきかどうかめるべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です