大学図鑑

国際基督教大学:アメリカのような日本の大学

 国際関係論を学ぶことができる大学に行きたいですか?それならこの非常にリベラルな国際基督教大学に行くべきです。かつて伝説になった日本の戦闘機「零戦」を作った会社の飛行場跡に建てられたこの校舎を歩けば、まるでアメリカで教育を受けているように感じられます。教育プログラムも西欧的です。学生は英語のみで教育を受けており、主に米国で生まれたリベラルアーツを学びます。そうこの大学の特徴はグローバルな人材を教育していることです。さぁ知りたくなったでしょう?もっと詳しく調べてみましょう。

 一言でこの大学の文化について伝えるとすれば非常に欧州的だということです。学生の多くは高校時代インターナショナルスクールで教育を受けており、西洋の価値観に精通している若者がたくさんいます。したがって、留学生としてICUに入学してもストレスなく勉強することができるでしょう。さらに、アメリカ的教育システムがあるため定期的に学校のパーティーが開かれ、コミュニティに簡単に溶け込むことができるのです。ヨーロッパ人でもラテン系でも、リベラルな雰囲気を感じることができるのがこの大学の魅力です。

 卒業後のコースにも国際基督教大学の学生には特徴があります。多くの人がIBMや楽天(日本のIT企業)などグローバル企業で働きたいと思っています。そのようなグローバルな才能を知ることは、日本での勉強にとって素晴らしい経験になるはずです。

それで、この大学と大学生に何か問題はありますか?2つの問題があります。一つ目は、西洋人の存在であり、西洋諸国(アメリカ/フランス/ドイツ)などの思想を愛し、伝統的な日本文化よりも優れていると信じている日本人の一種です。それが彼らが無条件に西洋の行為を模倣する理由です。外国の文化を勉強している日本人によく起こる症候群です。国際関係を教えるキャリアには、そのような学生がたくさんいます。実際、私が勉強した上智大学にはたくさんの人がいました。私の意見では、他の文化を学び、それらを日本のアイデアと組み合わせて新しいことをするのは正しい行為ですが、彼らは彼らが普通の日本人よりも優れていると感じてそれらを研究します。日本人が彼らのようだと思うなら、

この大学の学生のユーチューブ

この大学
の学生のユーチューブ第二の問題は、日本のあなたの環境が非常にアメリカ的であるかもしれないということです。いつまでも日本に住んでいるなら、自分の文化に親しんでリラックスできる友達がいるといいのですが、アメリカのような日本の大学で勉強することは、勉強するだけでは日本について勉強するのは得策ではありません。 1年。あなたが国を離れることができれば、あなたは多くの異なる文化を感じ、苦い経験を​​するはずです、そしてあなたはあなたがあなたの国にいたときに最終的にあなたはより多くを改善することができるでしょう。

結論として、私がこの大学で勉強することをお勧めするのは、東洋の文化があまり好きではない人、または異なる文化に住むことにうんざりしている人です。この大学は良い大学で、英語で自分自身を教育することができるので、英語を話すことができる日本人の友達を作ることができます。しかし、それは日本を理解するためには当てはまりません。この大学の人々を日本人が一般化する可能性があります。ですから、日本文化とは何か、日本人とは何かを真剣に考えたいのなら、東京外国語大学のような大学に行くべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です