大学図鑑

【S】東京大学:日本で最も優秀な大学

この大学図鑑のコラムの中で一番最初に扱うべきだった大学がある。それはこの東京大学だ。しかし、最も優秀な大学だということはなんとなく皆知っていても何がすごいのかはよくわからないのが本当のところではないか?それでは一人の日本人として今日は東京大学のすごさについて語りたいと思う。

日本一の大学

東京大学は日本で最も優秀な大学だ。たとえばこの「世界大学ランキング」によると東京大学(略して:東大)は36位になで、堂々と世界に誇れる大学の一つであると言える。しかしこのランキングだけでは日本社会における東京大学の権威を理解することは難しいためいくつかの数字からこの東京大学の実像を学ぼう。

https://www.timeshighereducation.com/world-university-rankings/2021/world-ranking#!/page/1/length/25/sort_by/rank/sort_order/asc/cols/scores

首相の数:11人(1位)

これまで62人いた近代日本の首相の11人は東京大学の卒業生だ。ちなみに2位は7人の首相を輩出した早稲田大学で、3位が2人の明治大学である。東京大学と同じくらい有名な国立大学として京都大学があるがこの大学から総理大臣になったのはたった二人である。京都大学に進学する人間には博士や科学者を目指すものが多く、政治家が少ない傾向にあるのがその理由だろう。また設立当初の東京大学の使命が「近代日本を指導する高級官僚の育成学校」であることも大きな理由だ。

2019年 国家公務員採用総合職試験合格者数:307人(1位)

官僚の出身大学・学歴・学部で多いものは? | 官僚の仕事・なり方・給料・資格を紹介 | キャリアガーデン(Career Garden)

日本の政治を実際に取り仕切っている国家官僚になるためには難しい試験に合格することが必要だ。そしてこの試験の合格者数が最も多いのはこの東京大学である。ちなみに京都大学が第2位だが合格者は126人なので東京大学の半分以下である。

高い平均年収:810万円(1位)

日本の大学は階級制度強いヒエラルキーが存在していて、東京大学の卒業生はその頂点に位置している。この頂点にいるということは当然良い仕事を得ることができるという側面もあり、卒業生が30歳になった時の平均年収は810万円である。いわゆる普通のレベルの大学と言われる日本大学の平均年収のおよそ倍あることを考えると東大生は権威だけではなく富も持っていることがわかる。

このような数字を見るとやはり東京大学は圧倒的なエリート大学であることがわかる。このため東京大学の学生だということはこの国において非常に大きなアドバンテージになる。実際数年前大ブームになったマンガ「ドラゴン桜」は「東大に入れば人生が変わる」という日本人のイメージに基づいている。

ドラゴン桜

『ドラゴン桜』のキャストが主演級すぎた。主な豪華出演俳優一覧【2のドラマ化はあるのか?】 | ciatr[シアター]

ドラゴン桜」は日本で大ブームを起こしたマンガで、その後テレビドラマになりこれも大人気になった。主人公は勉強ができない不良の高校生で、彼らが有名な教師たちと勉強することで変わっていき最後に東京大学に入学するという話である。主人公の一人は貧乏な家の出身で親は借金に苦しんでいるが、「東大に入ればお前の人生が変わる」という一言で絶対に東京大学に入学することを決める。まさに日本人にとって東大は人生の夢だ。

しかしながら現実の東大生たちの中にどれだけ貧乏な家庭出身の努力家がいるだろうか?

『東京大学学生生活実態調査』(2014年度)、厚生労働省『国民生活基礎調査』(2014年)より山田浩司氏作成。 出典:舞田敏彦「『東大生の親』は我が子だけに富を“密輸”する」(プレジデント・オンライン)
https://gentosha-go.com/articles/-/25380#:~:text=%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E7%94%9F%E3%81%AE%E8%A6%AA%E3%81%AE,%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%EF%BC%882014%E5%B9%B4%E5%BA%A6%EF%BC%89%E3%80%82

この図を見てほしい。左側は東京大学の両親の年収、そして右が平均的な40-50歳の家族の年収の割合だ。なんと東京大学の過半数は950万円以上の年収を稼いでいることがわかる。つまり明確に裕福な子供の方が東京大学に入りやすいのである。別にこれは上流階級の親が賄賂を贈っているという意味ではなく、裕福な家庭の子供は有名な教師の教育を受けることができるので難しい入学試験に合格できるという意味なのだ。

やはり理想的な「ドラゴン桜」の世界は夢だから多くの人が熱狂したのかもしれない。世知辛い話だがこれは事実だ。

東京大学の価値

このように人生を変えるチャンスになるのがこの東京大学だ。この大学に入れれば任天堂(任天堂の幹部候補生は東京大学・京都大学の学生が多い)や有名なアメリカの投資銀行で働くチャンスも得られる。もしあなたの人生を日本で変えたいなら、この大学に入学することは非常に意味のあることだ。

半面、この大学に入るためには多くのことを犠牲にしなければいけない。交換留学しようと思っても東京大学はイェール大学のような有名大学からしか交換留学生を募集していない。また大学が求めている日本語の言語能力も非常に高いので軽い気持ちで挑戦できる場所ではない。

彼女は東京大学で勉強していたロシア人Youtuberアリョーナである。彼女の日本語はほぼネイティブレベルで、今はたくさんの登録者がいる。このように「東京大学」というブランドで生活ができる外国人は存在する。しかし、ロシア人である彼女がこの日本語を話せるようになるまで積み上げた努力は普通の人間にはできないものだ。

結論としてあなたがもし東京大学に行けるならぜひ行くべきだ。しかし、東京大学のために支払う犠牲は非常に多いことを理解してほしい。普通に考えて準備をするなら15歳-18歳から日本語を勉強し始めるべきだ。26歳くらいからは不可能ではないが難しいだろう。数年日本で滞在したいだけであれば慶応大学や早稲田大学レベルでも十分だと思う。それでも東大が一番であるこはこれからも変わらないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です