生活

日本から移住しない3つの理由

white petaled flowers

私のブログは日本に関するネガティブな内容が多いです。ですから一度「あなたは日本が嫌いなんですか?」と聞かれる機会がありましたが、そんなことはありません。

私は日本でハッピーに生活しています。

しかし日本でハッピーになれる人は日本の価値観に適合している人です。そのため今日はなぜ私が海外に移住したいと思わないかを説明することで皆さんが日本で暮らしやすいかどうかを判断する材料にしてほしいと思います。

人に殺される心配がない

日本、特に東京は大都市にも関わらず非常に治安がいいです。10歳の子供が夜の10時でも一人で買い物に行ける大都市は東京以外にないでしょう。犯罪の不安は人を警戒させ、じわじわとストレスをあたえますから、これがないだけで大きなメリットがあります。

反面地震や津波など自然災害のリスクが高いことは否めません。

ですが人に殺されるより、地震で死んだほうがましだと思っています。

子供の頃福島の大地震を経験して、たった10分で1万人が死ぬのを見ました。しかしながら火山活動が活発なおかげで温泉もありますし、豊かな自然にも恵まれています。時々噴火や地震を起こして人を殺してしまうのも普段与えてくれているものの大きさを考えれば小さいものです。この自然災害で死ぬかもしれないリスクだけ理解すれば日本は最高に安全な国です。

いい仕事が外国にない

日本社会は欧米と比べて教育制度が非常に異なります。大学では通常専門的な知識や技術は教えず、企業が給料を払いながら教育するのが一般的なスタイルです。そのため私は歴史の学位でITプロダクトに関するセールスマンができるようになりました。しかし、仮に欧州でITプロダクトのセールスマンになりたいと思ったら、もう一度現地の大学院に入って学位を得なければいけません。

そしてこのセールスという仕事ですが外国人が行うメリットが少ない仕事です。基本的には現地の文化・言語をよく知ったネイティブたちが行うほうが効率が良いですから、日本人として私がセールスの分野において海外で活躍するのは不利でしょう。であれば私は日本で働く事を選択します。

働くとは給料を得る手段だと考えて、長い休暇を楽しみにしている場合日本での生活は非常に辛いものになるでしょう。私にとっては仕事がお金をもらえる難しいゲームなのでいつも休暇のような気分です。あなたもそう思えれば幸せになれるかもしれません。

インターネットがあるから

インターネットがこれほど発展した現代で、外国の文化に興味があるからとわざわざ外国に引っ越す必要はないかもしれないと思っています。

例えばスペインのニュースは全て日本からチェックできますし、スペインの友達ともスカイプで話すことができます。年に1回ヨーロッパを旅行できればあとはバーチャルの環境でも全然問題ないと感じているのです。

これが30年前なら話は違いました。私の両親がスペインの大学に入学したころ日本にはスペイン語の学校もなく、現地の新聞を読むことなど絶対できませんでした。日本と連絡を取ろうと思っても1分間1万円する衛星電話を使うか、手紙を送るしか方法がなかったのです。そうなると何十万円もする渡航費とリスクを背負って移住するメリットがありましたが、今はそれほどの貴重性もないのではないでしょうか?

どんな人が日本に来るとハッピーか?

すべての人が私と同じ価値観を持っているとは思いませんが、もし私が日本でハッピーに生きていることを考えると、私と同じ価値観の人は比較的楽しく暮らせるのではないでしょうか。つまりこんな人たちです。

安全な環境を求めている人

治安が悪い国の出身の人は皆「人生で最も大事なのは安全」と言います。そうだと思います。ちょっとお菓子を買いに行ったら殺されて帰ってこなかったなんて国で生活したくありませんから。その点日本の治安環境は最高レベルで、仮に工場でしか働けなかったとしても危険な地域に住む必要はありません。せいぜい自転車が盗まれるくらいです。ですので、危険地域に生活している人にはお勧めです。

日本にしたい仕事がある人

よく日本に住みたいから英語の教師になるという人がいますが、僕の価値観の場合は逆です。したい仕事があるから移住したほうが満足できるのではないでしょうか?つまり「生きがい」になるような仕事があるかどうかが重要だと思います。

例えば先日、日本料理の哲学をフランス料理に取り込んで新しい料理を作りたいと考えているフランス人シェフのドキュメンタリーがありましたが彼にとっての生きがいはまさに「新しい料理を作ること」でした。

仮にあなたが日本で生活することが生きがいなら持続性のない「英語教師」を選ぶのは間違いです。それはあなたの生きがいである「日本での生活」を破綻させる可能性がありますからプログラミングを勉強してプログラマーになるべきです。そのための勉強が辛いんだとすれば、あなたは日本で生活をするという強い気持ちがないということですから、旅行者になったほうがいいと思います。

旅行者

結局のところ外国人として最高に日本を楽しめるのは旅行者という立場ではないでしょうか?日本で働く必要もないし、集団主義など欧州人が好きじゃない文化は無視してもいいわけです。しかも日本人もあなたがお金を使ってくれるのでWin-Winの関係を維持できると思います。やはり日本人とビジネスをするようになると日本人の悪い部分もどんどん見えてきますから、その悪い部分も知りたい人か、悪い部分があっても「生きがい」のために挑戦したい人以外は長く住まなくてもいいんじゃないかなと思うのです。

結局人生の決断はあなたのものですから一度ワーキングホリデービザで日本に住んでみようと思うのもいいアイデアだと思います。今日はあえて日本人の視点から日本がなぜいい国か考えてみました。日本人が考える日本のいいところというのは外国人にとってどう思うのでしょう。ぜひコメントしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です